持続化給付金の申請を行いました

事前予告通り本日5月1日より持続化給付金の申請が始まりましたので、申請を行いました。やはり今回もハマりポイントがありましたので、そこら辺も合わせて流れを書き留めておきます。

まず申請サイトにアクセスします。
「持続化給付金」事務局ホームページ

見れば分かりますが、どデカく「▶申請する」というボタンがあるので押すと持続化給付金 申請仮登録 ページに飛ぶので必要事項を入力し、仮登録が終了すると持続化給付金事務局より仮登録完了メールが来ます。

そのメールにログインIDとパスワードを設定するURLが記載されているので、リンク先にジャンプします。

ここからが今回最大のハマりポイントです。
リンク先をクリックするとまずログインIDとパスワードを設定するページに飛びます。

ログインIDには特に注記はありませんが、パスワードは8文字以上、1個以上の文字、1個以上の数値とありますので、その条件を満たすパスワードを入力し登録します。

すると次にとても良く似たログインページに飛ぶので先程入力したログインIDとパスワードを入力します。

ここですんなり先に進めることが出来れば良いのですが、アクセス過多のせいかエラーが発生することが多いようです。

これはTwitterでも話題になっていましたが、恐らくログインに失敗しているのではなくて、ログインIDとパスワードの設定に失敗しているかと思われます。なので何度もログインにリトライせず、仮登録完了メールに記載されているログインIDとパスワードを設定するURLに飛び直し、設定し直します。「Unable to Process Request」というエラーもちょいちょい出ますが、これは無視します。(多分これらのエラーは段々と解消されると思います。)

何度かリトライすれば申請フォームに入れると思います。ここからは難しくありませんが、ポイントとしては・・・

  • アップロードする書類は今回はPDFも可能です。
  • 振込先口座通帳の写しは1ページ目と2~3ページ目(見開き)は1つずつファイルを分ける必要があります。
  • 法人事業概況書2枚アップロードするようになっています。自分は表、裏でファイルを分けました。
  • 本人確認書類(自分は運転免許)のアップロードファイルは1つです。もし表・裏などアップロードする必要があるならば、1つのファイルにまとめた方が良いです。
  • 自社の業種を選択する必要があります。以下日本標準産業分類より選択する必要があるのでチェックしておくと良いかと思います。リンク先:https://www.e-stat.go.jp/classifications/terms/10(日本標準産業分類)
  • 売上入力の項目は、年間事業収入、売上減少の対象月(何月か)、対象月の月間事業収入、売上減少月の前年度売上額を入力すると、後は自動計算してくれます。

全て入力したら「次へ」進み、内容を確認し問題なければ「申請」ボタンを押して申請完了です。

今回は事前情報が多かったので難しくないと思います。あと私は法人なので、個人事業主の方とは若干違うかもしれません。

後は早い給付を祈るばかりです!

It's only fair to share...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
0Pin on Pinterest
Pinterest
0Print this page
Print

お問い合わせ

かごの中身

ファイバー毛束切り売り

みの毛(化繊・人毛)

ウィッグケース

ページ上部へ戻る
Translate »