【4/27更新】持続化給付金申請の準備をします

先日は東京都感染拡大防止協力金の申請について書きましたが、今日は持続化給付金のお話しです。

【4/27更新】

経済産業省の持続化給付金ページが更新され、速報版でお知らせが掲載されました。https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html#90

詳細が発表されましたので以下修正します。

持続化給付金とは・・・
「感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金」だそうです。(経済産業省ホームページより)

給付額は・・・
法人は200万円個人事業者は100万円ですが、昨年1年分対象月の属する事業年度の直前の事業年度の売上からの減少分を上限とするそうです。(前年同月比で事業収入が50%以上減少した月を対象月と呼びます。)

売上減少分の計算方法は以下の通りです。
前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%付きの売上×12ヶ月)
対象月の属する事業年度の直前の事業年度(事業収入)-(対象月の月間事業収入×12ヶ月)

対象期間は・・・
2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月について、事業者が選択出来るそうです。つまり自社の決算期ではなく2020年の1年間が対象期間のようです。
2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月(対象月)を任意で選択し、対象月の属する事業年度と直前の事業年度を比較します。

支給対象は・・・

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者。
  • 資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を広く対象とするそうです。また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となるそうです。

申請方法は・・・
Web上での申請を基本とし、完全予約制の申請支援を行う窓口を順次設置するそうです。

その他詳細については4月最終週を目途に確定・公表されるそうです。ちなみに相談ダイヤルは中小企業 金融・給付金相談窓口0570-783183(平日・休日9:00~17:00)だそうです。

なので、恐らく来週には申請ページか開設され、詳細が公表されると思います。

自分もそうですが、気になるのは自分はいくら給付金を受け取れるのかですよね。そんに難しい計算ではありませんが、自分なりにExcelで計算用ファイルを作ったので、せっかくなので併せて公開しておきます。公開に際し、以下をご承諾いただける方のみダウンロードしてください。

  • 使用に当たっては自己責任でお願いします。本ファイルを使用することによって何らかの損失が発生しても当方では責任を持てません。(ノートン360でウイルスチェック済です。)
  • 本データは令和2年4月22日時点で経済産業省より公開されている情報を基に作成しました。アップデートされてしまったらごめんなさい。(直せたら直します。)
  • ご自身による再編集は自由にしていただいて構いませんが、再配布はご遠慮ください
  • 本ファイルは法人用と個人事業主用の2つのシートで構成されています。使い方の説明は右上に書いてあります。(簡単です。)

※4/27Excelファイル更新しました。

■持続化給付金資料(Excelファイル)(2020年4月27日版)

あと経済産業省による解説動画はYouTubeにアップされているので、そちらも見ることをお勧めします。

少ない情報で準備をして、スピーディーに対応していかなければならないので大変なことが多いですが、皆でこの難局を乗り切れるよう頑張りましょう!

It's only fair to share...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
0Pin on Pinterest
Pinterest
0Print this page
Print

お問い合わせ

かごの中身

ファイバー毛束切り売り

みの毛(化繊・人毛)

ウィッグケース

ページ上部へ戻る
Translate »